2017年06月12日

ザ・ノンフィクション マキさんの老後 みました

あぁ、顔が痛い。
合わないマッサージジェルで
顔がアトピーみたいになりました。


ところで、わたしは ザ・ノンフィクション をたまに見ています。
フジはあまり好きじゃないけど、この番組は気になる。


そういえば、恋人ちゃまちゃまも視聴者だったことで、
わたしたちの会話が始まった気がします。


前橋に住む、ジョンアンドマキさん。
おなべ と おかま で 友情結婚 した2人。


第1弾から見守っていましたが、
体を悪くしながら苦労している近況を知り、
この世の中の生きづらさについて、
久しぶりに考えさせられました。


マイノリティは、どこに行っても息苦しい。
無理に体を縮こまらせて、狭い場所にギュウギュウに
押し込められているような感じでしょうか。


時と場合によって、誰でもマイノリティになりうるので
生きづらさを感じる瞬間って、あると思います。
2 対 1 になったり、9 対 1 になったり。


第1印象から「人と違う感じ」がすごい場合は、
なんか注目されたり、あからさまに差別されることも
多いだろうなと思います。「多様性」って本当に難しい。


「人と違うのは当たり前で、それは良いことだ」と言いながら
同時に叩きたくなってしまう心理が有り。
自分にとっても、永遠のテーマです。


それにしても、マキさんは心の底から女の人に見えます。
ヒステリックで、夢見がちな言動が。
神経質な感じは性別関係なく、性格でしょうか。


「女らしい」とか「男らしい」とか、
こういう表現も語弊がありますね。
ニュアンスで使いがちですが。


わたしは昔の職場でクソババアに
「育ちが悪い」と、よく言われていたことがあり、
その表現に、いつも気持ち悪さを感じていました。


しかし、わたし自身不快に思いながらも、
そのババアに対して「本当に卑しい人間だな」という
差別意識を持っていましたから。憎しみが憎しみを生み。
自分も貶める感じです。


まぁ、わたしも言葉どおり受けとって・・
いちいち、腹をたてるのは愚かだったと思います。


「社会人のマナーとは違うわよ!」ということを
クソババアなりに言いたかっただけかもしれませんし。
これもニュアンスによる語弊でしょうか。
気持ちと言葉の距離感。


話はそれましたが・・マキさん。
ジョンさんから離婚を切り出されたこともあったようです。
二人のHPをみて、知りました。よく耐えてるなと思っていましたが、
やっぱりそうですよね。


でも、そのアンバランスな関係が、
とってもリアルで人間らしいと思いました。
毎日毎日、ニコニコ暮らせるわけないですから。


わたしの実家も相変わらず不安定で、
今後の雲行きも怪しい感じですが・・
ジョンさんもマキさんもお元気で。


うちの弟も、宝くじが大好きです。
歯磨きも力いっぱい、ワシワシやってます。




ジョンアンドマキさんHP↓
ジョン&マキ倶楽部


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆

posted by キヨ子どグサレ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450807974

この記事へのトラックバック