2017年07月14日

【真剣に止めました】理想郷に渡るおニートさん

わたしが家にいるようになって
弟と衝突することが増えました。


主治医には「毎日、姉に脅かされている」と、
悩みを相談しているそうです。(母談)
この家で「起きろ、風呂入れ」と注意するのは
主にわたしだけですから。


母は仕事で疲れてるとき、
父は何か嫌なことがあったときだけ、弟を注意します。
つまり、基本的に甘やかすか、放置なわけです。


そして、事件をなんでも
わたしに話してしまう母にも
頭にきている様子の弟。


父のことは無条件に嫌っています。
父も発達障害で被虐児なのは気の毒ですが・・、
バカで自分勝手なのでどうしても嫌われがち。


弟は子供の頃に父の宗教がらみで、
山に連れていかれたり、極真空手を辞めさせられたり、
いろいろ被害にあうことが多かったように思います。
わたしとちがって習い事もなく、
いつも暇だったので狙われたようです。


しかし、父はあまり宗教活動に熱心ではありません。
朝夕の祈りは面倒なのでやらないなど、
かなりいい加減な怠け者です。
全てにおいて、徹底的に努力を避けて生きています。
家族で出家をすすめたときも、なぜか拒否していました。


なのに、わたしたちに宗教活動をやらせようとするなど
本当に意味不明でした。こういうところも頭にくるポイントです。
学校行事で行った日光のお土産「眠り猫」をトンカチで割られたことは
今も忘れていません。あのイカレ親父が。


さて・・話はそれましたが。
わたしを含めた家族に口うるさく注意されて、
トサカにきている弟は家から出ていくことにしたそうです。


「この家の人間は全員嫌な奴ばかり。
ババアやたっくん(叔父)は自分を可愛がってくれるはず。
小遣いとかくれるし。3日〜4日くつろいでくるわ。」と言って荷造りしていました。




わたしはそんなコイツをみて、
拉致被害者のジェンキンス氏を思い出しました。


聞くところによれば、
ジェンキンス氏は自国に不満を抱いていたところ
「理想郷がある」ときいて、
北朝鮮に渡ってしまったそうですね。


次回は、弟のゴミ家屋お泊りについて
レポしたいと思います。
思ったよりも長期滞在できました。
その記録は12時間です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ
☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆

posted by クサレ子 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451801984

この記事へのトラックバック